アルトル日和

「佇まい」

コレオグラファー(振付師)の小川 こういち(おがわ こういち)先生のポートレート

を撮影させていただきました。

先生にお会いし、ダンサーの立ち姿は素敵だなとつくづく感じました。

まるで上から紐で引き上げられてるような、と形容される姿勢で立っていました。

とても穏やかな口調で会話をされるのですが、それとは反対に先生の

まとっている空気は、静かな中にピンと張り詰めた緊張感がありました。

いつも笑顔の先生なのだろうけれど、身体全体に神経の行き届いている

そんなもう一つの側面を撮影したく、笑顔ではないポートレイトを

撮影させていただきました。

 撮影後に仕上がったプリントを眺めていて、ジム・ジャームッシュに似ているな

と先生のヘアスタイルから思い出し、久しぶりに映画を見直したくなりました。

小川こういち(Kouiti Ogawa)

早稲田大学を卒業後、ダンサーに。

東宝ミュージカル

『屋根の上のバイオリン弾き』、

劇団四季『ウェスト・サイド物語』、

オンシアター自由劇場

『ドタ靴はいた青空ブギー』などのミュージカルに出演。

その後、振付家に転身。

『フレディ』

『エリック&ノーマン』など劇団テアトル・エコーの公演で振付にあたるほか、様々な舞台作品で精力的に活躍している。

水谷龍二 作・演出「星屑の街」シリーズ

Pink Drunk・ダンスバラエティー「Bang ! Bing ! Bongo!」

ミュージカル座「トラブル・ショー」「ゴーストミュージカル」

日本テレビ「トンスラ・10話~殉教~」

「帰ってきた~浅草パラダイス」(新橋演舞場)

コント赤信号劇団「イメルダ」「パンタロン同盟」

オフィス・アートプラン「だれもいない/きみはしってる」「赤ちゃんがくる?!」(演出)

全国植樹祭(第58回、61回)

テアトル・エコーでの主な作品

1980年 7月 「半変化束恋道中」

1990年10月 「日射病」

2008年10月 「エリック&ノーマン」

2008年 6月 「トムとディックとハリー」

2008年10月 「フレディ」


最新記事