Photographer

HIROKO

 

   人とのコミュニケーションがとても苦手だった学生時代に「カメラを通して自分の想いを

映して、相手に伝えてみたら」と友人に言われたことをきっかけに、撮影を始めました。

 

 都内のコマーシャルフォトスタジオでフォトグラファーアシスタントを経験し、1997年から

ウェディングフォトグラファーとして都内、神奈川県、千葉県などで撮影やスタジオ運営に

18年間携わり、多くの大切な時を撮影させて頂きました。

 

 私生活では、自身の祖母と母の介護を経験し、二人が亡くなってから祖母や母の経験や想いをもっと聞いておいたらよかったなと考えるようになりました。

『ストーリーフォト』(写真自分史)はそんな私個人の経験から発想を得た写真集です。

 

 人それぞれが持つ雰囲気、想いを写真に写し、たくさんの心に響く写真を残していきたいと思っています。

『Arutoru』を2016年より開始。

YUKI

 

   生まれも育ちも神奈川県。父や祖父がカメラ好きということもあり、幼い頃からカメラを

身近に感じていました。

 

 高校時代までは特に目標もなく人生を歩んでいましたが、ブライダルという華やかな職場に

憧れ、冠婚葬祭の専門学校に通いました。

 在学中にカメラとブライダルを合わせた仕事がしてみたいと、結婚式場のフォトスタジオの

アルバイトを探し、自分が撮りたい絵を撮るという楽しさにはまっていきました。

 卒業後、アルバイトでお世話になった結婚式場のフォトスタジオに就職し以後、13年間素敵な結婚式のお手伝いをさせていただきました。

 

 もっと個性を感じ取り1人1人のニーズに合わせた写真を撮りたい!と思うようになり、

2016年『Arutoru』でこの想いを形にしようと決めました。

 

 まだまだ未熟な私ですが『Arutoru』をとおしてたくさんの人と知り合い、絆をふやし、

私の『ストーリーフォト』(写真自分史)に1ページでも多くの想いを残したいと思います。