アルトル日和

「芸術欲も食欲も満たす秋」

3年に1度行われる国際芸術祭、愛知トリエンナーレに行ってきました。

私は芸術祭が大好きで毎年何処かしら見つけては、旅行を兼ねて旦那さんと

繰り出しています。

芸術を勉強していないと理解できない、見ても楽しくないんじゃないかと思われるかもしれませが、

(こう言ってはアーティストの方に失礼かもしれませんが)アーティストによる大人の文化祭

の様な感じです。アーティストが真剣に文化祭に挑んだらこんな感じなのでは、

というのが私の解釈です。

街の渋い喫茶店や、地方の昭和レトロなファッションビルなどが展示会場に

なっていて長年の生活の空気感ごと作品になっているようです。

今回のとても印象に残った作品が、久門剛さんの『らせんの練習』です。

日蝕を現したような光の作品や、時計の針が幾つも重なり合う作品、

部屋のあちこちに風に揺れるカーテンと窓が配置された作品など、

異次元の空間に入り込んだような不思議な感覚になりました。

地方開催の芸術祭が好きな理由に、ご当地食が楽しめるというのが挙げられます。

今回は旦那さんたっての希望で、あんかけスパを食べてきました。

スパゲッティーにピリ辛のとろったしたデミグラスのようなあんがかかっており、

タコさんウインナーの元である赤いソーセージがこれでもかと入った、

満腹間違いなしの一品です。

この両方が楽しめるからこれからも芸術祭巡りを繰り返すのです。

愛知トリエンナーレ  https://aichitriennale.jp/


最新記事